木・土星課月報 (6月)

Monthly Report of the Jupiter-Saturn Section, June 2021

課長 堀川 邦昭 K.Horikawa 幹事 伊賀 祐一 Y.Iga

(1) 木星

木星は21日にみずがめ座で留となり、逆行に移った。 観測の好機に入ったが、悪天続きで観測できる夜は少ない。 今月は下記の観測者から報告が寄せられた。

阿久津富夫(茨城県)45cm反赤画像68
安達 誠(滋賀県)36cm反赤スケッチ22枚
石橋 力(神奈川県)31cm反赤画像9
大杉 忠夫(石川県)30cm反赤画像8
尾崎 公一(愛知県)44cm反赤画像70
小山田博之(東京都)28cmSC赤画像7
菅野 清一(山形県)30cm反赤画像14
熊森 照明(大阪府)35cmSC赤画像7
鈴木 邦彦(神奈川県)19cm反赤画像14
鈴木 隆(東京都)18cm反赤画像2
堀川 邦昭(神奈川県)30cm反赤スケッチ21枚
宮崎 勲(沖縄県)40cm反赤画像34
米山 誠一(神奈川県)32cm反赤画像9
Abel, Paul(英国)31cm反赤スケッチ1枚
Foster, Clyde(南アフリカ)35cmSC赤画像52、動画1
Go, Christopher(フィリピン)35cmSC赤画像23
Olivetti, Tiziano(タイ)50cm反赤画像16
Pellier, Christophe(フランス)31cm反赤画像8
Wesley, Anthony(オーストラリア)33cm反赤画像8、動画1

26日のOlivetti氏(タイ)の画像で、RSの経度が体系II=0.4°となり、ついに0°を越えた。 測定誤差はあるが、その後の測定でも0°台が増えているので、6月末に0°を越えたことは間違いないだろう。

元木土星課長の平林勇氏からの情報と筆者の資料によると、RSは1961年に体系II=0°を越え、1967〜68年には30°付近に達したが、その後は、1972年に再び0°、1970年代末には60°、1987年には15°と、20年ほど前進と後退を繰り返した。 1988年以降はほぼ一貫して後退を続けている。 当初はおよそ5°/年程度のゆっくりとしたスピードで、体系II=100°を越えたのは2004年末であったが、2009年頃から後退速度が増し、近年は20°/年以上に達している。 以上から、RSは60年かけて木星面を一周したことになる。

RSを特徴づける赤い色調も60年の間に大きく変動した。 1970年代前半の大赤斑は極めて赤みが強く、小口径でも容易に見ることができた。 しかし、1975年のSEB攪乱(SEB Disturbance)以降は赤みが弱くなり、RS本体が明瞭になることもある一方、周囲に暗部が発達することも多く、RS Hollowになることも度々あった。 この状況は2011年まで続いたが、2012年以降は徐々に赤みが増し、近年は鮮やかなオレンジ〜朱色でとても明瞭な状態が続いている。

RSの長径は1960〜70年代前半には20°前後と大きかったが、現在は12〜13°と半分近くにまで縮小した。 この間のCMTデータや画像の測定値を見ると、1990年代前半と2010年前後に縮小が進んているし、近年のフレーク現象による縮小傾向も顕著になっている。

木星面の状況はほとんど変化していない。 RS周囲の準循環気流の活動は続いている。 SEBsのリング暗斑が次々とRS bayに進入して、小規模なフレークを発生させるため、RS前方のSTrBには絶え間なく暗物質が供給されている。 このため、RSの長径は今月も平均12.9°と小さい。

永続白斑BAは、体系II=176.2°(21日、阿久津氏)にある。 周囲を暗部に囲まれた白斑として見られるが、内部は薄茶色に濁っていて、南を通過中のSSTBのA5や、すぐ前方のSTBにある白斑WS6の方が明るく見える。 先月の木土星課報で、BAがわずかに減速したようだと書いたが、今月は再び元のスピードに戻ってしまった。 BA前方のSTBは、徐々にベルトらしさが増している。 DS7は前後2個の暗斑に分離し、新しいSTBの南組織の一部となっている。 前端は体系II=90°付近にあるので、長さは90°近くに及ぶ。 また、BA後方のSTBも長さ40°あるので、BA前後では合わせて130°のSTBが形成されつつある。

7個あるSSTBのAWOは、A1〜A5が約70°の範囲に密集している。 先頭のA1が最も遅いため、白斑の間隔は徐々に詰まっている。 今月は最後尾のA5がBA南に達した。 AWOとBAの会合により、接近したAWO同士が合体するケースがあるが、今回は何事もなく終わりそうだ。

EZnは薄茶色〜オレンジ色に強く着色し、青黒いfestoonも例年になく少ない状態が続く。 NEBは南組織を除いて淡化が進行中で、8〜10個のbargeが取り残された島のように濃く残る。 北縁の白斑は明るいNTrZに露出して見えにくくなっているが、体系II=107.5°(26日、鈴木氏)にあるWSZはひときわ明るく、眼視でも存在を認めることができる。 NTBは北半球で最も濃く目立つベルトである。 一方、NNTBは全周で淡化・消失しており、体系II=0°前後に長さ40°の断片が残るのみである。 また、NNTBsのジェットストリーム暗斑は、例年に比べて数が少ない。

(2) 土星

土星はやぎ座を逆行中である。 昨年暮れの木星との大会合から半年しか経っていないが、両者はすでに20°以上も離れてしまった。 今月は下記の観測者から報告が寄せられた。

阿久津富夫(茨城県)45cm反赤画像5
大杉 忠夫(石川県)30cm反赤画像1
熊森 照明(大阪府)35cmSC赤画像1
鈴木 隆(東京都)18cm反赤画像1
宮崎 勲(沖縄県)40cm反赤画像1
Abel, Paul(英国)31cm反赤スケッチ2枚
Foster, Clyde(南アフリカ)35cmSC赤画像7
Olivetti, Tiziano(タイ)50cm反赤画像2
Pellier, Christophe(フランス)31cm反赤画像7

土星面は静かな状態が続いていて、特筆すべきことはない。 赤茶色のNEBとNTBが濃く、他に淡いベルトが数本認められるが、追跡可能な斑点は見られない。 赤道から北半球は温調色なのに対して、環の南側に見える南極地方は青みを帯びている。 環も滑らかで異常はないようだ。

(7月4日 堀川)

図1 6月の木星面
左) RS周囲では準循環気流の活動が続き、前方のSTrBはかなり乱れている。中央) 右端近くの白斑がBAで、すぐ左の明部がWS6。前方に復活しつつあるSTB。SSTBにはA1〜A5のAWOが並び、NTrZにはWSZが見える。右)経過中のガニメデとその影。STrB上の影は真っ黒だが、SEBnにある本体には模様が見られる。
図2 大赤斑の経度変化

前月へ 次月へ