木・土星課月報 (1月)

Monthly Report of the Jupiter-Saturn Section, January 2019

課長 堀川 邦昭 K.Horikawa 幹事 伊賀 祐一 Y.Iga

(1) 木星

木星はアンタレスの左側を順行中である。 日の出時の高度は徐々に高くなり、西方最大離角を過ぎた金星を追い越した。 川底を見るようなシーイングの日が続くが、多くの観測者から報告が寄せられている。

阿久津富夫(茨城県)40cm反赤画像12
永長 英夫(兵庫県)30cm反赤画像31、展開図2
大杉 忠夫(石川県)30cm反赤画像2
熊森 照明(沖縄県)35cmSC赤画像6
鈴木 邦彦(神奈川県)19cm反射画像9
堀川 邦昭(神奈川県)30cm反赤スケッチ6枚
山崎 明宏(東京都)40cm反赤画像8
Foster, Clyde(南アフリカ)35cmSC赤画像30
Go, Christopher(フィリピン)35cmSC赤画像5
Maxson, Paul(米国)25cmMC赤画像6
Olivetti, Tiziano(タイ)50cm反赤画像7

今シーズンの木星面で最も目を引くのは、著しく黄土色に濁ったEZである。 EZは昨年の後半から黄色みを帯びていたが、現在はさらに色調が濃くなり、眼視でも薄茶色に濁って見えるようになった。 EZが着色する現象は、19世紀から数年〜十数年おきに観測されていて、近年は1960〜70年代に多くの例が知られているが、最近はまれな現象となっている。 今回の着色現象は、2012年以来、6年ぶりである。

阿久津氏による画像が興味深い。 昨年と今年のちょうど1年違いの木星面を、紫外光(波長340nm)と近赤外のメタンバンド(890nm)で比較している。 メタンバンドでは大きな違いは見られないが、紫外光ではEZが真っ暗に変化しているのがわかる。 木星に見られるアンモニアの雲の上空には、ヘイズ(霞)の層がある。 ヘイズは短い波長の光を強く吸収する性質があり、ゾーンよりもベルト上空に多く分布している。 そのため、可視光で見る木星面は黄色や赤茶色に見え、青色光画像は赤色光に比べて細部が写りにくい。 以上から、現在のEZは雲層が変化しているのではなく、上空のヘイズがベルト並みに厚くなっていると解釈できる。

過去の事例を調べると、EZの着色現象は、概ね黄色から始まって黄土色、茶色またはオレンジ色へと進み、灰色へと戻って終わることが多い。 また、北から南へと広がる傾向があるようだ。 そのため、今後は次第に色が濃くなると同時に、現在は明るさが残っているEZsにも広がると思われる。

RSは昨シーズン同様、オレンジ色が鮮やかで圧倒的に目立つ存在である。 合の間に永続白斑BAが南を通過して、前方へ抜けた。 経度はRSが体系II=301.7°(18日、熊森氏)、BAが体系II=271.9°(30日、Foster氏)である。 BAは暗い縁取りのあるリング状の白斑として見えており、昨シーズンは内部が薄茶色に濁っていたが、今シーズンは内部が明るく白くなったことを、月惑星研究会の水元伸二氏が指摘している。 BA後方にはSTBの断片が伸びている。 昨シーズンは100°を超える長いベルトであったが、合の間に「tail」と呼ばれた部分が淡化して、短いSTB本体だけが残っている。

RS後方のSEBは北部が広範囲に淡化して、幅広いSEBZが形成されている。 定常的な白雲領域であるpost-GRS disturbanceはほとんど活動していない。 SEBZは体系II=120°付近まで伸びている。 一方、SEBsは厚く濃いベルトで、南縁にはジェットストリーム暗斑も活動しているようだ。 そのため、今後SEBがどのように変化するか、予想が難しくなっている。

(2月3日 堀川)

木土星課Webサイト:http://jupiter.la.coocan.jp/oaa/

図1 顕著なRSと白化したBA
BAはリング状で、内部が明るく目立つ。RS後方ではSEBの北部が淡い。
図2 紫外光とメタンバンドによる木星面の変化
ちょうど1年違いの木星面。メタンバンド(右)では概ね明暗が一致するが、紫外光(左)では、EZが異常に暗くなっている。

前月へ 次月へ