木・土星課月報 (12月)

Monthly Report of the Jupiter-Saturn Section, December 2018

課長 堀川 邦昭 K.Horikawa 幹事 伊賀 祐一 Y.Iga

(1) 木星

木星が明け方の東南天に姿を見せるようになった。 冬の悪シーイングの中、熱心な観測者が新しい観測シーズンのスタートを切っている。

永長 英夫(兵庫県)30cm反赤画像9
熊森 照明(沖縄県)35cmSC赤画像1
堀川 邦昭(神奈川県)30cm反赤スケッチ3枚
宮崎 勲(沖縄県)40cm反赤画像2
Foster, Clyde(南アフリカ)35cmSC赤画像1
Maxson, Paul(米国)25cmMC赤画像1
Olivetti, Tiziano(タイ)50cm反赤画像1

2019シーズンの木星は、へびつかい座を移動し、6月10日に衝を迎える。 赤緯は最南となり、衝の時でも南中高度は32°しかない(筆者の住む横浜での値)。 周囲の建物や樹木、電線などの障害物に悩まされることが多くなるが、シーズンの後半は夏場の好シーイングが期待できる。

今シーズンの観測は15日の宮崎氏が最も早く、18日の永長氏と筆者が続く。 悪条件下の観測で、まだ細部を確認するには至っていないが、木星面は概ね昨シーズン末と同じような状況にあるようで、NEB/SEBの濃い2本のベルトと黄濁したEZが目を引く。 RSは鮮やかなオレンジ色で、悪条件下でも眼視で認めることができる。 経度は体系II=300°前後だが、正確な値は測定できていない。 南側を永続白斑BAが通過中と思われるが、未確認である。 SEBはRS前方では幅広く濃いが、後方では北部が淡く不明瞭な状態が続いている。 NEBは南北とも起伏があり、南縁から伸びるfestoonが黄色く濁ったEZに伸び、濃いEBにつながっている。 他に目立つ模様としては、南半球ではSSTBが濃く太く、一部で二条に分離しており、北半球にはNTBとNNTBが認められるが、こちらはやや淡い。

(2) 土星

土星は年明け早々に合を迎えた。 今シーズン最後の観測が報告されている。

Foster, Clyde(南アフリカ)35cmSC赤画像1

今シーズンの大きな話題となったPolar Stormに活動はまだ続いているが、もはや状況を追うことはできない。 今回の活動は、当初の見込みよりも活動的で長期間に及び、2010年以来の大規模な現象となった。 来シーズンのスタートは春先になると思われる。 この活動の余波がどの程度残るか、注目したい。

(1月3日 堀川)

木土星課Webサイト:http://jupiter.la.coocan.jp/oaa/

図1 今シーズンの木星面
黄土色のEZと中央を東西に貫くEBが目立つ。SEBの北半分は淡い。

前月へ 次月へ