木・土星課月報 (11月)

Monthly Report of the Jupiter-Saturn Section, November 2018

課長 堀川 邦昭 K.Horikawa 幹事 伊賀 祐一 Y.Iga

(1) 木星

木星は11月26日にさそり座βのすぐそばで合を迎えた。 下記の観測者からシーズン最後の観測が報告されている。

永長 英夫(兵庫県)30cm反赤画像1

3日の永長氏による画像が今シーズン最後の観測となった。 10年ぶりとなる南熱帯攪乱(S. Tropical Disturbance)の出現から、RSとの会合・消滅まで、攪乱で明け暮れたシーズンであった。 他にもBAとSTB Ghostの衝突によるoutbreakや相次いだ高気圧性白斑の合体、EZの着色など、注目される現象が数多く見られた。

木星が日の出前の東天に姿を見せるのは12月後半になると思われる。 その頃の木星面では、RSが体系II=300°を越え、南をBAを通過中と思われる。 後方のSEBの淡化状況や黄濁したEZなど、どのような変化を見せるか来シーズンも注目したい。

(2) 土星

土星はいて座を順行中で、新年2日に合となる。 観測シーズン終盤を迎えており、国内の観測はすでに途絶えた。

Foster, Clyde(南アフリカ)35cmSC赤画像13
Olivetti, Tiziano(タイ)50cm反赤画像3

Polar Stormの活動はまだ続いていおり、報告画像では拡散した白斑や東西に伸びた明帯が見られるが、活動の詳細はもはや追うことができなくなっている。 3日のOlivetti氏の画像にはIII=150°付近に比較的明瞭な白斑が見られるが、AとBのどちらに属するものか、よくわからない。 EZの明部は11月上旬にI=200°台にあったはずだが、8日のFoster氏の画像では確認することができなかった。

(12月2日 堀川)

木土星課Webサイト:http://jupiter.la.coocan.jp/oaa/


前月へ 次月へ