木・土星課月報 (10月)

Monthly Report of the Jupiter-Saturn Section, October 2018

課長 堀川 邦昭 K.Horikawa 幹事 伊賀 祐一 Y.Iga

(1) 木星

木星は11月26日に合を迎える。 今月は下記の観測者から報告が寄せられた。 観測シーズンはほぼ終了しているが、まだ熱心な観測者が地平近くなった木星を追い続けている。

永長 英夫(兵庫県)30cm反赤画像15
鈴木 邦彦(神奈川県)19cm反射画像3
堀川 邦昭(神奈川県)30cm反赤スケッチ7枚
宮崎 勲(沖縄県)40cm反赤画像3
Foster, Clyde(南アフリカ)35cmSC赤画像18

観測条件の悪化により、木星面の細部をつかむのは困難となっている。 全周をざっと見渡したところでは、RSの顕著さと黄濁したEZnが目を引く。

RSは鮮やかなオレンジ色で、今シーズンはほとんど変わらなかった。 経度は体系II=298.2°(27日、永長氏)で、このふた月で5°も後退した。 来シーズンが始まる頃には、おそらく体系II=300°を越えていることだろう。

RS後方ではSEB北部が淡化しているのが注目される。 中程度の条件では淡い北組織が認められるものの、大部分の画像ではベルトの幅が半分ほどにしか見えない。 RS後方の白雲領域であるpost-GRS disturbanceの活動であれば、南組織が淡化して北組織は濃く残るので、この活動はそれとは異なる。 SEB北部の淡化は、木星面を半分近く回った体系II=100°付近まで及んでいるようだ。

永続白斑BAがRSの20°後方に迫っている。 12月にはRSの南を通過すると思われる。 BA後方にはSTBの暗部が長く伸びる。 後端は体系II=70°付近にあり、全長は110°と変わっていない。 今月の画像では、暗部の中央部分がやや淡くなり、BA側のSTB本体とtailが分離し始めたように見える。

EZ北部の黄化は以前にも増して強くなり、白さの残るEZsとのコントラストが大きくなっている。 EZの着色は2012年にも見られたが、比較的短期間で収まった。 これほど明瞭に着色するのは、1980年代まで戻らないと例がない。 EZ中央には濃く太いEBが南北を分け、NEB南縁から多くの顕著なfestoonがEBに向かって伸びている。

北半球では、NEBが唯一の目立つベルトである。 今シーズンはベルト北縁が淡化する過程でかなりの起伏が形成されたが、その状況はベルトがひと回り細くなった現在でも変わらず、さらに激しくなっているようにも感じる。 長命な白斑WSZは体系II=350.2°(30日、Foster氏)にあり、NEB北縁の他の模様よりも速いドリフトで前進を続けている。

(2) 土星

土星はいて座を順行中である。 まだ東矩を過ぎたばかりで合は年が明けてからであるが、南西天低くなるのが早く、観測は困難になっている。 今月は下記の観測者から報告が寄せられた。

平林 勇(東京都)25cm反赤画像8
吉田 智之(栃木県)30cm反赤画像1
Delcroix, Marc(フランス)32cm反赤画像1
Foster, Clyde(南アフリカ)35cmSC赤画像22
Pellier, Christophe(フランス)31cm反赤画像1

Polar Stormの2つの明部は、まだ活動を続けている。 どちらも東西に拡散して不規則な形状に見えることが多く、正確な位置の測定は困難になった。 明部Aと明部Bは、今月も会合したはずだが、詳しい状況はわからない。 27日のFoster氏の画像では、体系III=0〜80°に長く伸びた明帯が捉えられている。 おそらく、前端部分が明部A、後端部分が明部Bに相当するのだろう。

EZ北部の白斑は、今月もFoster氏によって体系I=330.3°(11日)に捉えられた。

(11月3日 堀川)

木土星課Webサイト:http://jupiter.la.coocan.jp/oaa/

図1 顕著なRSとSEB北部の淡化
RS後方のSEB北部が淡く、ベルトの幅が半分ほどになっている。RSの後方にBA(画像では不明瞭)とSTBの暗部が接近しつつある。

前月へ 次月へ