NPO法人東亜天文学会 (OAA)

更新履歴

2018/08/21今シーズン(2018シーズン)のドリフトチャートを更新しました。
2018/08/21木土星課報(2011年1月/2月/3月/4月/5月)を公開しました。木星面クロニクルを更新しました。
2018/06/16今シーズン(2018シーズン)のドリフトチャートを更新しました。長期間のまとめを更新しました。
2018/05/08今シーズン(2018シーズン)のドリフトチャートを更新しました。
2018/04/09今シーズン(2018シーズン)のドリフトチャートを更新しました。
2018/03/21木星面クロニクルを更新しました。
2018/03/12木土星課報(2017年8月/9月/10月/11月/12月)を公開しました。
2018/02/25今シーズン(2018シーズン)のドリフトチャートを公開しました。
2017/11/162002-03シーズンの自転周期とドリフトチャートを公開しました。
2017/11/07木土星課報(2017年5月/6月/7月)を公開しました。木星面クロニクルを更新しました。
2017/11/042016-17シーズンの自転周期とドリフトチャート(最終版)を公開しました。
2017/08/11今シーズン(2016-17シーズン)のドリフトチャートを更新しました。
2017/07/16木土星課報(2017年3月/4月)を公開しました。木星面クロニクルを更新しました。
2017/07/16今シーズン(2016-17シーズン)のドリフトチャートを更新しました。
2017/06/252010-11シーズンの自転周期とドリフトチャートを公開しました。
2017/06/04今シーズン(2016-17シーズン)のドリフトチャートを更新しました。
2017/05/26今シーズン(2016-17シーズン)のドリフトチャートを更新しました。
2017/05/18今シーズン(2016-17シーズン)のドリフトチャートを更新しました。
2017/05/102012-13シーズンの自転周期とドリフトチャートを公開しました。
2017/05/04今シーズン(2016-17シーズン)のドリフトチャートを更新しました。
2017/05/04長期間のまとめを公開しました。
2017/04/21木土星課報(2017年1月/2月)を公開しました。木星面クロニクルを更新しました。
2017/04/19今シーズン(2016-17シーズン)のドリフトチャートを公開しました。
2017/04/152014-15シーズンの自転周期とドリフトチャートを公開しました。
2017/04/082015-16シーズンの自転周期とドリフトチャートを公開しました。
2017/02/19当サイトをリニューアルしました。

木星・土星情報

南熱帯攪乱の消滅 (2018年6月16日)

南熱帯攪乱(South Tropical Disturbance)は、前端が大赤斑にせき止められている間に後端が追いついてしまいました。 その結果、攪乱の暗柱は消滅してしまいました。 大赤斑前方では、南熱帯紐(STrB)が少し乱れているものの、攪乱が再生する兆候は見られません。

A6とA7の合体 (2018年6月16日)

SSTBに見られる9個の高気圧性白斑(AWO)のうち、A6とA7が5月25〜26日に合体してしまいました。 A7がBA通過後に急加速したことが原因のひとつのようです。 AWO同士の合体は2016年11月のA8とA0以来となります。

NNTZのAWO同士の合体 (2018年6月16日)

A6とA7の合体とほぼ同時に、北半球のNNTZでもAWO同士の合体がありました。 2003年から存続するNN-WS-4と呼ばれる長命な白斑に、今シーズン新たに発生した白斑が24〜25日にかけて合体、26日にはひとつの大きな白斑となってしまいました。

南熱帯攪乱の発生 (2018年2月25日)

合の間に大赤斑の後方で南熱帯攪乱(South Tropical Disturbance)が発生しました。 南熱帯攪乱の発生は2007年以来、10年ぶりとなります。 攪乱は大赤斑に向かって前進しています。 会合現象が注目されます。

mid-SEB outbreakとpost-GRS disturbanceの会合 (2017年6月25日)

mid-SEB outbreakが大赤斑後方のSEB活動域(post-GRS disturbance)に後方から追いついています。 post-GRS disturbanceは押し込まれて、次第に短くなっています。 (図中"o"の矢印はmid-SEB outbreakの先端を、"p"の矢印はpost-GRS disturbanceの後端を示す)

post-GRS disturbanceの活発化 (2017年5月18日)

大赤斑後方のSEB活動域(post-GRS disturbance)が大変活動域になっています。 1月下旬に活発化して以来、後方に向かって拡大を続け、4月中頃にはついにII=0°に白斑が出現、長さは90°に達しています。

mid-SEB outbreakの活動 (2017年2月19日)

昨年末に発生したmid-SEB outbreakは前方へ発達し、2月10日ころには、全長約140°になっています。 詳細については、天界の最新号をご覧ください。 (図は永長英夫氏の画像から作成)