WSZのドリフトチャート (1997〜2019)

WSZの経度を、10日間毎の平均値を求めてプロットした。 1997〜1999年は堀川のCMT観測、2000年以降はOAA木土星課/月惑星研究会の画像を測定。 Kakimoto(1980)により位相効果(d = k i)の補正を行ってある。 係数(k)は0.14を採用した。