大赤斑の長径変化 (1974〜2019)

観測シーズン毎の大赤斑の長径。 大赤斑本体と赤斑孔(RS Hollow)、CMTによる眼視観測と画像からの測定で、マーカーの色や形を分けてある。 小さいマーカーはデータ数が少なく、精度が低いことを示す。 データの出典は以下による。

データ種別観測者/団体
CMT大学天文連盟、月惑星研究会、OAA木土星課、堀川、浅田、他
画像OAA木土星課、月惑星研究会