永続白斑のドリフトチャート (1974〜2019)

永続白斑中央の経度を、10日間毎の平均値を求めてプロットした。 FAは1987〜1991年の間、コントラスト低下によりCMTデータが得られていないので、近接していたSTB暗部のデータで代用した(位置の誤差は3〜6°と見積もられる)。

Kakimoto(1980)により位相効果(d = k i)の補正を行ってある。 係数(k)は以下の値を採用した。

対象係数 k
BC/DE/FA/BE0.21
BA0.06

データは以下による。

データ種別観測者/団体
1974〜1975CMT大学天文連盟、月惑星研究会
1975〜1981CMT大学天文連盟
1982〜1988CMT大学天文連盟、堀川、繭山、他
1989〜1999CMT堀川、浅田、繭山、河北、安達、他
2000〜2018画像OAA木土星課、月惑星研究会
CMT堀川、他